×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




ライブレポート

パーキッツインストアライブレポート
(2004年12月4日)

パーキィ・サークル発売記念インストアイベント
パーキィ・サークル

13:20頃 ディスクピア日本橋店・音楽館5F

スタッフによる入場整理が始まりました。
6階へ続くエスカレーターは封鎖されています。
整理番号に関係なく並んで、会場では番号順になるということだったので、少しはなれた場所で待機することにしました。
下り方向のエスカレータ付近にいると、上の階からかすかに聞こえる音楽・・・これは恋する東京!
数秒しか聴こえませんでしたけど、エスカレーターの近くに近寄ってみると、
今度はイントロから恋する東京が聴こえてきました。
そしてたろさんの歌声も聴こえてきました。
リハーサル中のようですが思い切り聞こえます。
でも、歌詞がちょっと不安です・・・
本番大丈夫かなぁ・・?

ふと時間を見ると13:30を過ぎています。
整理券には13:30から案内開始と書かれているのに、まだ誘導が始まりません。
リハーサルが長引いているのが原因のようです。
まあ、時間までに会場に入れたらそれで構いませんけどね。
3回くらい通しで恋する東京が聴こえた後、今度はあしたになあれが聴こえてきました。
この2曲は、あらかじめ予想してたとおりのものです。

それまで下りエスカレーター付近にいたのですが、スタッフが今度は番号順に並べ始めたということでお呼びがかかりました。
上の音がよく聞こえる場所にいたのですが呼ばれたので移動。
エスカレーターに沿って並んでいると、先ほどよりは聞こえにくいもののまだ聞こえます。
あしたになあれが終わったあとは、私の知らない曲が流れてきました。
パーキィ・サークルをまだ聴いていなかったので新曲はわかりません。
一緒に行動してたmuSHIMaruさんによると・・・いえ、それは後のお楽しみということでまだ書くのはやめておきます。

そしてリハが終わり、6Fへの誘導が始まりました。
時間を見ると14:00ちょっと前。
時間通りに開始できそう?

14:00頃 イベント会場に入場

一列8人。何列まであったかは見ていませんでしたが、8列あったそうです。
私は13番だったので2列目の左から4番目というとてもよいポジションでした。(1列目が一人いなかったようです)
ところで1番の人はせっかく1番に買ってるのに、最前列の端っこ・・ちょっと報われてないと思います。

まず席に着くとアンケート用紙と質問コーナー用の紙が配られました。
書き終えると質問用の紙は回収。アンケートは終わったあとで渡してくださいとのこと。
ちなみにアンケートの方は店側のもののようです。

集め終わったところで司会者が登場。
その時点で会場からは拍手が巻き起こります。皆さんもう待ちきれない様子です。
司会者はKMEの亀田さん。
まずはパーキッツのお二人が出てきたときの拍手の練習をしましょうとのこと。
会場からは「立ってもいいですか?」との声もありましたが「一瞬だけなら」という返事でした。

拍手が終わったあと、「大阪以外から来た人もいると思いますが一番遠くから来たぞ、と思う人〜」
って問いかけがありました。
誰も手を上げなかったんですけど、隣の席のmuSHIMaruさんから促されて手を上げました。
「どこからですか?」「福岡から」と答えると、みんな少し驚いた様子でした。
私的にはもっと遠くから来てる人もいるんじゃないかなって思ってたんですけどねー。
福岡は九州の最北端ですし。
「他にいませんか?」と聞かれますが他には誰も手を上げません。
「東京より北から来たって人は?」と聞かれると、一人手をあげました。
栃木から来たそうです。
そっちの方がすごいと思うんですけど・・東京でもイベントあるし・・

そして、あしたになあれのプロモーションビデオの話になりました。
わがままフェアリーミルモでポン わんだほう の放送中のCMにも使われていますけど、見たことがある人〜
という問いかけにほとんどの人が手を上げました。
会場の中にはミルモのマスコットを持ってた人もいたので、ミルモからパーキッツを知ってファンになった人もいるんでしょうね〜。
こうやってどんどんパーキッツが知られていって、ファンが増えていくのは嬉しいことです。
と、そんなわけであしたになあれのPVの話になったわけですけど、今日はそのPVのフルサイズバージョンを披露すると発表されました。
会場からはまたもや拍手。そして

あしたになあれPV公開

内容は・・・
ふじのマナミさんが一人でボーリング場に入るところから始まります。
靴を用意したりするところもあります。
そしてボールを投げるんですが、一直線にガーター。
そんなマナミさんをあざ笑いながら隣のレーンに現れたのはツグさん。
ツグさんは見事にストライクを取ります。
そして互いににらみ合い、目から飛び散る火花(全体的にそういう手書き感たっぷりのアニメ演出が多かったです)
(ちょうど歌詞は「目と目があった・・・恋の魔法かけた」の部分でした。そんな状況には見えませんがw)

そして二人でスコアを競い合い、一進一退の攻防が続きます。
(うまくいかずに「うー…!」ってリアクションしてたとき、ポプライブ2のチェイス!×3の「NO!」の直前のリアクションに似てると思いました。) お互いにリードを譲らない展開だったのですが、マナミさんはスペア、ストライクを連発。ツグさんはミスが目立ち始めました。
(それぞれリアクションしてる二人も面白かったです)
二人の勝負を遠くから見守る謎の人物少し見えました。

勝てないと思ったツグさんが、マナミさんが目を離した隙にオイルをまきました。
それに気付かないままマナミさんは、ボールを投げようとしたのですが滑って転んでしまいボールはガーターへ。喜ぶツグさん。
それを見た先ほどの謎の人物がマナミさんのもとにやって来ました。
謎の人物は・・・なぜか水兵服を着た片岡嗣実さん!
マナミさんに金色に輝くボールを渡しました。
そのボールを使いストライクを取ったマナミさん。ショックを受けるツグさん。
結局マナミさんの勝ちです。
マナミさんが喜びながら振り返ると、謎の水兵ツグさんはもう立ち去っている途中でした。
マナミさんが手を振りながら呼びかけ、水兵ツグさんも手を振りながら立ち去りPVは終了。

かなりコミカルな内容でした。


その後、司会の亀田さんの紹介により片岡嗣実さん登場!
服装はスーツでした。が、ただのスーツではありません!
マフラーを巻いて、静かに歩いてきました。その様子はまるでペ・ヨンジュン。
ヨン様ならぬツグ様です!w
私も以前からツグ様とヨン様は似てると思ってたんですよw

次の曲「恋する東京」についてツグさんじきじきに指導が入ります。
「恵まれないパーキッツに愛の手を・・・じゃなくて合いの手を」と言っていましたw
合いの手は「そろそろ時間です」のところで手を振り、手を2回叩くというものでした。
ちなみに「2番は・・なんだったっけ」と歌詞を忘れていましたw
まあツグさんは作詞者でもないし、歌いもしませんしね。
もうひとつあるけど、そっちは曲の途中で示すと言い、曲が始まりました。

恋する東京

曲が始まり、ふじのマナミさんが登場!
服装は白いふわふわもこもこした、キャミソール?みたいな服に、ジーンズ(すみません、そういうのわからないのです・・)Sanaさんっぽい服だなって印象を受けました。
ボーカルについては、直前までリハーサルやってただけあって、声の伸びもバッチリです。
曲についてはインストアイベントなのでまあ仕方なし。
アレンジも普通のものでした。
先ほど指導のあった振り付けをみんな揃ってしましたが、その部分だけ手拍子が途切れてしまうため、少し寂しかったですw
その後「花の都」の部分で手拍子3回が入りいました。これが事前に言ってたもうひとつの合いの手だったんですが、うまくいってツグさんもにっこりです。
歌の途中でお客さんの手拍子がずれてしまったところがあったんですけど、そこではツグさんがサインを送っていました。

曲終了後、みんなぴったりと合った「そろそろ時間です」の振り付けに対して、マナミさんが驚いていました。
マナミさんはその振り付けのことは全然知らなかったそうです。
ツグさんは手拍子がずれたことを気にして「わざとずらしてる人いないよな?」と言っていましたが、マナミさんにたしなめられ、「ひょっとして人を傷つけることを平気で言ってしまった?」と言っていました。
それと、振り付けが入った部分だけ手拍子が途切れて寂しかったから、 ツグさん「次はがっしゃんがっしゃん音が出るような振り付けを考えておきます」 マナミさん「すずとか持ったりしてね」 ツグさん「頭いいね〜」 というやり取りがありました。
司会の亀田さんがなかなか入れず、二人に声をかけてもらいました。
ツグさんからは「亀やん」と紹介されました。
大阪だから「亀やん」だそうです。「では片岡さんは大阪だとなんですか?」と返され、うろたえるツグさん。
アドリブには弱いらしいですw
司会者が出てきたところで次のコーナーです。

質問コーナー

亀やんが金色の箱を持ってきました「このゴールデンボックスの中にある質問をひいてお2人に答えていただきます」とのこと。
ツグさんから「何でもかんでも英語で言えばいいってものじゃない」とツッコミが。

ところで「何でもかんでも英語」「箱」といえば、去年の100% PARQUETS NIGHT!!で配られたぱきしんにあった
BIG BOXを大箱と呼んでいるルゥルゥに対して「なんでもかんでも和訳すればいいってもんじゃない」って言ってる4コマを思い出しました。

亀やん「日本語で言うと金箱?」
ツグさん「さっきのPVにも金色の物が出てきましたよね」
なんか怪しくなってきたところで亀やんが「さあ質問に行きましょう」と流しましたw

あ、質問が引かれた人にはオリジナルステッカーをプレゼントだそうです。
ドゥドゥとルゥルゥのシールで、イラストはパーキィサークル宣伝ページにあるインストアライブバナーに描かれている物と同じでした。
ちなみにプリントアウトしたのは亀やんだそうです。


まず最初に質問をひいたのはマナミさん。
選ばれたのは男性で、質問は「得意なスポーツはなんですか?」
ちなみに会場はどちらかというと男性の方が多かったです。

マナミさんは昔アーチェリー部にいたそうで、パーキィ・サークルのジャケットみたいに的があると狙いたくなるとか。
「ちょうど真ん中にいいものがあるし」って・・・ツグさん?w
筋トレとかも結構好きだそうです。

と、マナミさんに答えてもらったところで帰るそぶりを見せるお客さん。
ツグさんを忘れてませんか?w
すかさず亀やんが「片岡さんはどうですか」と振ると、お客さんははっとした様子でした。
(そのように見えたんですけど違ってたらごめんなさい>呼ばれた方)

ツグさんは「ない」と即答w
体を動かすのは嫌いだそうです。
「以前ライブのときに言っていた早朝ウォーキングは?」と、マナミさんに聞かれましたが、犬が出てこないから行ってないそうです。
ところでツグさん少し太ったような・・?(違ったらすみません!)

2番目の質問をひいたのはツグさんです。
ひく前に「ギャルセンサー」と言いながら気合を込めていましたw
選ばれたのはツグさんの希望通り女性でした。
その方が舞台に上がると、ツグさんがかなり近づきましたw
さっきの男性のときはキーボードの辺りにいたのに、女性だと対応が違いますねw

質問を読み上げてくださいといわれ、消え入りそうな声で
「お二人は本当に仲がよいのですか?」
という質問をしました。
「悪い」とマナミさんが即答ですw
冗談めかして言ってたから誰も本気にしていないと思いますけどねw
ツグさんは「あなたはどう思いますか?」と逆に質問を返しましたが、女性は緊張してしどろもどろになりながらも「仲がいいと思います」と答えていました。
他にどんなことを言ってたか細かいことは覚えていませんが、パーキッツのお二人はとても仲がよさそうですよ。

3番目の質問をひいたのはマナミさん。
選ばれたのはなんと、同行していたmuSHIMaruさん!
舞台に上がるとツグさんから「亀やんの兄弟?」って言われたりしてかなりいじられてました。
ムシマルという名前を聞くと(アンケート用紙には「ムシマル」と書いていたそうです)、ツグさんからは「真ん中4つが大文字だろ」と言われ、かなりいじられていました。
覚えられているなんてすごい。うらやましいと思いました。

muSHIMaruさんの質問は
「知人がパーキィ・サークルのことをパキサクと呼んでいるのですが、このをどう思いますか?また、略すとしたら他にどんな略し方いいですか?」
というものでした。
(ちなみにパキサクと呼ぶのは私ではありませんよw)
マナミさん「うーん・・『ぱさ』」「パキサク」という呼び方については「うどん屋っぽい」とおっしゃっていました。
ツグさんは特に何も言いませんでした。
公式略称は「ぱさ」ですか。ということで用語集に今度追加しておきますw

ステージに呼ばれた人には、それぞれどこから来たか聞いていたのですが、マナミさんに「どこかわかる?」とツグさんが毎回質問。
マナミさんは地理に疎いようですが、ツグさんは「昔鉄道マニアだったから」と、いろいろ詳しかったです。

質問コーナーが終わると、次は・・

あしたになあれ

えーっと、特に書くようなことはなかったと思います・・。

確か、この曲が終わったあたりでようやくマナミさんが、ツグさんの衣装がヨン様スタイルであることに気付いたんだったと思います。
今まで気付かなかったことにツグさんはあきれてました。
そこからツグさんのコスプレに関するトークに。

マナミさん「冬になるとコスプレしてるね」
ツグさん「今度は橋下弁護士をしようか」
とか、
マナミさん「いつも外国人。ハリーポッターとか」
ツグさん「橋下弁護士は日本人だよ」
マナミさん「今までやったことがある人は外国人」
ツグさん「和田勉もやったことがある」
とか、そんなことを言っていました。
あと、季節を意識しているということでツグさんの靴下は、片方赤片方緑のちぐはぐな色でしたw
それと、二人ともペ・ヨンジュンをあんまり見たことないそうですw
ツグさんは本屋のポスターで後ろ姿だけをよく見てるそうですw

ポラロイド撮影

先ほどのゴールデンボックスを使い、今度はポラロイド撮影の抽選です。
あたった人はポラロイドカメラで3ショット撮影!

ツグさん「撮影するだけですよね?」
亀やん「撮影後いったん預かってサインをしてもらいます」
ツグさん「サインをして私が持って帰るんですよね」
亀やん「抽選しなおして当たった人にプレゼントします」

というようなやり取りがありましたが、みんなちゃんと渡してくれるって思ってたから「えー?!」というような声はまったくありませんでしたw
抽選で選ばれた人と3ショットの写真をとり、その人にサイン入りの写真を握手会のときにプレゼント、という企画でした。


1人目の方。
引いたのはツグさん、ギャルセンサーは発動せず、選ばれたのは男性でした。
質問用紙を引いたついでに質問にも答えますか?という、ツグさんからの申し出もありましたが、亀やんが「時間が押してるので・・」と言ったので、質問話ということになりましたが、マナミさんの配慮で撮影をしながら答えるということになりました。
質問内容は「流行語大賞が発表されましたけど、お二人の流行語はなんですか?」というものでした。
ツグさんは、とっさに思いつかない様子でした。
マナミさんはそれに対して「残念!」(波田陽区風に)って言ってたと思うけど、あんまり覚えてないです・・・
撮影のときは、マナミさん、かなりくっついてました。
男性はきっとかなり緊張したことでしょうけど、マナミさんはすごく自然でした。
なんかスターって感じでした。マナミさんも成長しましたねー(←言い方が少し失礼)

2人目の方。
マナミさん、選ばれたのは男性でした。
質問内容は「大阪で食べたいものはなんですか?」
マナミさんは即答で「ねぎ焼き」。
そのせいで、帰りの新幹線を一本遅らせたこともあるとか。
ツグさんは「よく二つのことを同時にできるね」と、撮影と質問をこなすマナミさんに感心していました。
そういうことも器用にこなすあたり、もはやスターだな〜思いました。

3番目の方。
亀やんがツグさんにゴールデンボックスを差し出しましたが、ツグさんは亀やんに引かせました。
二人で念をこめてギャルを引こうとしていましたけど、時間が押していると言ってたわりには念をこめることにかなり時間がかかっていましたw
そして選ばれたのはまたも男性。ツグさん残念。
質問内容は「仲のよいアーティストは誰ですか?」というものでした。
マナミさんは「Sanaちゃんとか」とすぐに答えましたが、ツグさんは少し悩んでいます。
ちょっと考えて答えたのは「古川さんとか」。会場から「おお・・」という声が少し上がりました。

ポラロイド撮影も終わると、いよいよ最後の曲。
亀やんが「楽しい時間はあっというまに過ぎてしまいますが・・」というと、
ツグさんが「じゃあ苦しい時間にしたら長くなるかな?」と言いましたが、少しすべってました(汗
最後の曲は、「今までありそうでなかったクリスマスソング」
「それっぽいものなら今までにもあったけど」というような紹介を受けて始まった曲は・・

おせっかい天使(エンジェル)

リハーサルでこの曲も聴いていたんでした。
聴いたことがない曲だったので忘れてましたが(汗

ちゃんと聴くのは初めてですが素敵な曲ですね。
帰ってからじっくり聴いてみたいと思いました。
アルバムを買うまで試聴もしないと決めていたので、試聴できる曲がどれであるかも把握していなかったのですが、この曲も試聴できる曲でしたね。
しかも季節柄ぴったり。
ラストを締めくくるのにこれほど向いている曲はないでしょう。
事前にしてた予想(フローズンハートか試聴できる2曲が来る)は当たっていました。

曲が終わりミニライブも終了です・・・
パーキッツの二人は下がり、スタッフが出てきて退場の準備をします。
1番の人から順番に退場だそうです。
そして最後のイベント。

握手会

もう楽しい時間も終わってしまいますが、今回一番楽しみにしてた握手会です。
「握手と一言をどうぞ」とのことでしたが、1番の方はマナミさんと話し込んでいますw
会場の方から「長すぎ」とか、亀やんから「一言ですよ」などと声が聞こえていましたが、軽く1分は話していましたw
そして2番の方がマナミさんのところに並んだのですが、先ほどの1番の方が今度はツグさんと話し込んでいるため、2番の方が進めませんw

後で聞いた話によると、1番のMさんは1年ぶりくらいの生ぱきで、その間来られなかった事情を話していたそうです。
逆にそれまではいつも参加していたそうで・・さすがです。

私の順番が近づいてきました。
ひとつ前に並んでいた、同行者のmuSHIMaruさんは、マナミさんの前に行くと、
マナミさんが「さっきの写真できていますよ」と話しかけていました。
でもmuSHIMaruさんはポラロイドじゃなくて質問コーナーでしたから!残念!
とか思っていたら
「前回のインストアに来ていましたよね?」と話しかけられていました。
しかも前回は就職活動でスーツを着てたとかそんなことまで覚えられているようです!
すごい!うらやましいなぁ・・・

と、muSHIMaruさんはツグさんの方に移動し、今度は私がマナミさんと握手する番です。
去年のライブで生たろさんを見たときは、しばらく別世界に飛んでしまいましたけど、相変わらずお美しいです。というより、いつも思うのですが、どんどんきれいになっていると思います。
スターのオーラが身についてきたからかな?

というわけで、「お美しいですね。どんどん素敵になられてますね」というようなことを言ったんですけど、緊張のため他に言葉が出てきません。
もっといろいろ話したいのに・・!
すると、マナミさんの方から「また大阪に来ますから来てくださいね」と声をかけていただけました。
「できれば福岡にも来てください。福岡に住んでいるので・・」と言うと、マナミさんは「あ、そっか」みたいなことを言ったような気がするんだけど・・・ちょっと記憶があいまいです・・・
というのも、隣のツグさんから「お前ハルだな」と言われたからです!(言い方が少し怖かったけどw)
出身地を言っただけで名前がわかるほどに覚えてもらえたなんて!すごく嬉しかったです!
というわけで嬉しさのあまりツグさんの方に移ってしまったんですけど、
・・ちゃんと最後にマナミさんに挨拶したっけ・・?(汗
ちょっと舞い上がりすぎていました(汗

ツグさんは、「ちゃんとやくそくはできないけど福岡にもいけるようにがんばる」というようなことをくださいました(大まかな意味ですよ。)
温かい言葉がとても嬉しかったです。


最後に・・・
一部自信がない箇所があります。
マナミさんがツグさんの衣装に気付いたタイミング
 ひょっとしたら上に書いてるタイミングと違うかもしれませんが、少なくとも最初のうちは気付いていませんでした。

・ポラロイド撮影時の質問の順番
 内容は大丈夫ですけど、順番が少し自信がありません・・


最後の最後に・・・
ふじのマナミ様、片岡嗣実様。素敵な時間をありがとうございました!
イベントに行って本当によかったです!

戻る